ロードスター

[安心と信頼の創業15年][日本全国対応]

鍵開けなら24時間365日、日本全国対応します!0120-3333-99[スマホ・携帯PHS対応!]

通話無料

ロードスター 鍵トラブルはすべてお任せください!

ロードスター 鍵トラブルはすべてお任せください!

  1. ホーム
  2. お車、バイクのメーカー・車種
  3. マツダ
  4. ロードスター

ロードスターの概要

ロードスターのイメージ画像

概要 ユーノス・ロードスター(初代)
NA6CE/NA8C型
販売期間=1989年 - 1998年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
エンジン=B6-ZE型 1,597cc 直4 DOHC
BP-ZE型 1,839cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
最高出力=B6-ZE型
120ps/6,500rpm
BP-ZE型
130ps/6,500rpm
最大トルク=B6-ZE型
14.0kgf・m/5,500rpm
BP-ZE型
16.0kgf・m/4,500rpm
変速機=4速AT/5速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長=3,970mm
全幅=1,675mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,265mm
車両重量=NA6CE型MT 940-960kg
NA6CE型AT 980kg
NA8C型MT 980-990kg
NA8C型AT 1,020kg
マツダ・ロードスター(2代目)
NB6C/NB8C型
販売期間=1998年 - 2005年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
2ドア クーペ
エンジン=B6-ZE型 1.6L 直4
BP-ZE型 1.8L 直4
BP-VE型 1.8L 直4
BP-ZET型 1.8L 直4 Turbo
駆動方式=FR
最高出力=B6-ZE型 MT車
125ps/6,500rpm
B6-ZE型 AT車
MC前125ps/6,500rpm
MC後120ps/6,500rpm
BP-ZE型
145ps/6,500rpm
BP-VE型
MT車160ps/7,000rpm
AT車154ps/6,500rpm
BP-ZET型
172ps/6,000rpm
最大トルク=B6-ZE型 MT車
14.5kgf・m/5,000rpm
B6-ZE型 AT車
MC前14.5kgf・m/5,000rpm
MC後14.2kgf・m/5,000rpm
BP-ZE型
16.6kgf・m/5,000rpm
BP-VE型
MT車17.3kgf・m/5,500rpm
AT車17.0kgf・m/5,500rpm
BP-ZET型
21.3kgf・m/5,000rpm
変速機=4速AT/5速MT/6速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長=3,955mm
全幅=1,680mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,265mm
車両重量=1,010-1,100kg
マツダ・ロードスター(3代目)
NCEC型
販売期間=2005年 - 2015年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
2ドア クーペ
エンジン=LF-VE型 1,998cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
最高出力=MT車MC前 170ps/6,700rpm
MT車MC後 170ps/7,000rpm
AT車MC前 166ps/6,700rpm
AT車MC後 162ps/6,700rpm
最大トルク=19.3kgf・m/5,000rpm
変速機=6速AT/5速MT/6速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長=3,995mm
(MC後は4,020mm)
全幅=1,720mm
全高=1,245mm
ホイールベース=2,330mm
車両重量=1,090-1,140kg
マツダ・ロードスター(4代目)
ND5RC/NDERC型
販売期間=2015年 -
設計統括=山本修弘
デザイン=中山雅
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
エンジン=P5-VP [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
P5-VPR [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
PE-VPR [RS] 型
1,997cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
変速機=6MT/6AT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長=3,915mm
全幅=1,735mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,310mm
車両重量=990-1,060kg
概要
ユーノス・ロードスター(初代)
NA6CE/NA8C型
販売期間=1989年 - 1998年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
エンジン=B6-ZE型 1,597cc 直4 DOHC
BP-ZE型 1,839cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
最高出力=B6-ZE型
120ps/6,500rpm
BP-ZE型
130ps/6,500rpm
最大トルク=B6-ZE型
14.0kgf・m/5,500rpm
BP-ZE型
16.0kgf・m/4,500rpm
変速機=4速AT/5速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長=3,970mm
全幅=1,675mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,265mm
車両重量=NA6CE型MT 940-960kg
NA6CE型AT 980kg
NA8C型MT 980-990kg
NA8C型AT 1,020kg
マツダ・ロードスター(2代目)
NB6C/NB8C型
販売期間=1998年 - 2005年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
2ドア クーペ
エンジン=B6-ZE型 1.6L 直4
BP-ZE型 1.8L 直4
BP-VE型 1.8L 直4
BP-ZET型 1.8L 直4 Turbo
駆動方式=FR
最高出力=B6-ZE型 MT車
125ps/6,500rpm
B6-ZE型 AT車
MC前125ps/6,500rpm
MC後120ps/6,500rpm
BP-ZE型
145ps/6,500rpm
BP-VE型
MT車160ps/7,000rpm
AT車154ps/6,500rpm
BP-ZET型
172ps/6,000rpm
最大トルク=B6-ZE型 MT車
14.5kgf・m/5,000rpm
B6-ZE型 AT車
MC前14.5kgf・m/5,000rpm
MC後14.2kgf・m/5,000rpm
BP-ZE型
16.6kgf・m/5,000rpm
BP-VE型
MT車17.3kgf・m/5,500rpm
AT車17.0kgf・m/5,500rpm
BP-ZET型
21.3kgf・m/5,000rpm
変速機=4速AT/5速MT/6速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長=3,955mm
全幅=1,680mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,265mm
車両重量=1,010-1,100kg
マツダ・ロードスター(3代目)
NCEC型
販売期間=2005年 - 2015年
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
2ドア クーペ
エンジン=LF-VE型 1,998cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
最高出力=MT車MC前 170ps/6,700rpm
MT車MC後 170ps/7,000rpm
AT車MC前 166ps/6,700rpm
AT車MC後 162ps/6,700rpm
最大トルク=19.3kgf・m/5,000rpm
変速機=6速AT/5速MT/6速MT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長=3,995mm
(MC後は4,020mm)
全幅=1,720mm
全高=1,245mm
ホイールベース=2,330mm
車両重量=1,090-1,140kg
マツダ・ロードスター(4代目)
ND5RC/NDERC型
販売期間=2015年 -
設計統括=山本修弘
デザイン=中山雅
乗車定員=2人
ボディタイプ=2ドア オープン
エンジン=P5-VP [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
P5-VPR [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
PE-VPR [RS] 型
1,997cc 直4 DOHC
駆動方式=FR
変速機=6MT/6AT
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長=3,915mm
全幅=1,735mm
全高=1,235mm
ホイールベース=2,310mm
車両重量=990-1,060kg

ロードスターの鍵の特徴

ロードスターは、型式NB系はギザギザ鍵してます。型式NC系/NC5RC系/NDERCは全車アドバンスキーレス(長方形の形)使用してる鍵と無い鍵があります。かざしてエンジンかける、イモビライザー搭載の鍵もなもあります。

ロードスターについて

他メーカーへも影響を与えるほどの歴史的成功作となったロードスターの2代目が1998年1月に登場しました。シャシーおよびパワートレーンは、NA型を踏襲しており、骨格を見直し剛性を熟成させながら、ボディの大きさは実質的に変わらないまま進化を遂げました。ただし、車重は1トンをわずかに超えています。特徴的だったリトラクタブル式ヘッドライトが廃止され、顔つきはずいぶん風変わりしましたが、スタイリング全体の雰囲気は初代とを踏襲しています。エンジンは従来のBP型1.80を大幅にリファインしたものとなっています。可変吸気システムの採用などにより15psの出力アップが施されて145psへとボーンアップし、2000年7月には、吸気側に可変バルブタイミング機構を取り入れて高出力化(160ps) が行われました。さらに180pssを絞り出すターボエンジンも限定車でラインナップに加わっています。なお、1.80モデルのマニュアル・トランスミッションは6段化されました。一方で1.60エンジンが復活したことも話題となりました。インテリアは上質な仕上げになったのをはじめ、幌のリア窓がビニールからガラスへと変更を受けています。車名がロードスターであるにもかかわらず、クローズドボディのクーペが姿を見せたのも特筆すべき点ですが、販売的には芳しく成績を残せず終わりました。 3代目のロードスターであるNC型は、2005年8月に発売されました。ドライバーが意のままに操れるスポーツカー作りを目指す「人馬一体」の開発コンセプトをキープしつつ、プラットフォームもパワートレーンもすべてを一新しました。もっとも、駆動系を支えるパワープラントフレームは初代から継承されたもので、スポーツカーに要求される高いシャシー剛性の確保に重きが置かれました。ホワイトボディ自体は2代目より質量を抑えられましたが、より排気量の大きなエンジンを取り入れたことなどもあり、結果として車体重量は約1100kgとやや増加しています。サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーンと変わらぬものの、リアがマルチリンクへと変更が行われました。従来型より後方にマウントされたエンジンはLF型と称する自然吸気20DOHC、可変バルブタイミング機構が盛り込まれており、それまでの1.80に比較して出力がアップしているばかりか、単体で約19kg軽量化しています。 変速機はマニュアルがグレードにより5段か6段、オートマチックは4段の設定です。 2006年8月、パワーリトラクタブル・ハードトップ(RHT) という名の電動分割格納式樹脂製ルーフを備える新モデルが誕生しました。 ただし36.5kgの重量増となっています。 1年以上にも及ぶ周到なティーザー戦略を経て、4代目ロードスターが2015年5月に正式発表されました。スカイアクティブ技術や鼓動デザインといった近年のセオリーに則った上でロードスターの人馬一体のコンセプトが更に昇華をみせています。その一つとして挙げられるのがドライビングポジションの徹底追求です。着座位置を従来より15mm中央寄りに、また20mm低くしており、ペダルやステアリングホイール、シフトレバーとの位置関係を理想に近づけています。わずかな差ですが、人体力学に基づいた変更となっており、フィーリングは大きく変化しています。ヒップポイントを下げ、それに合わせてボンネット高も低めています。ボディはコンパクト化と軽量化を狙い設計が進められました。 ロードスターRFは、ロードスターのソフトトップ車をベースにしたリトラクタブル・ハードトップモデルとなっています。幌の代わりに電動格納式ルーフを装着し、2016年12月に発売されました。格納されるのは乗員頭上のルーフのみで、オープン時でもリアピラーはタルガトップ風に残り、ロールバーとしての役割も担っています。RFの名は「リトラクタブルなファストバック」ということからつけられた名称です。

マツダの車種一覧

  • デミオ
  • AZ-ワゴン
  • CX-3
  • CX-5
  • MPV
  • RX-7
  • RX-8
  • アクセラ
  • アテンザ
  • ビアンテ
  • プレマシー
  • ベリーサ
  • ロードスター
[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する

ロードスターに関する最新ブログ

マツダの車のイモビライザー表

車種 イモビライザー
導入年式
スマートキー
導入年式
対応可否
AZワゴン H19年2月~(一部) H19年2月~(一部)
H20年9月~(全車)
CX-5 H24年2月~(一部) H24年2月~(一部)
CX-7 H18年12月~(全車) H18年12月~(一部)
H21年9月~(全車)
MPV H16年9月~(一部) H18年2月~(一部)
H18年2月~(全車)
RX-8 H15年4月~(一部) H17年10月~(一部)
H16年8月~(全車) H21年5月~(全車)
アクセラ H15年10月~(一部) H18年6月~(一部)
H21年6月~(全車)
アクセラ スポーツ H16年10月~(一部) H21年6月~(一部)
H18年6月~(一部)
H21年6月~(全車)
アテンザ H17年5月~(一部) H17年6月~(一部)
H21年6月~(全車) H24年11月~(一部)
アテンザスポーツ/アテンザワゴン H14年5月~(一部) H20年1月~(一部)
H17年5月~(一部)
H20年1月~(全車)
キャロル H21年12月~(一部) H21年12月~(一部)
デミオ H17年4月~(一部) H17年4月~(一部)
H19年7月~(一部)
ビアンテ H20年7月~(全車) H20年7月~(一部)
フレア H24年10月~(全車) H24年10月~(一部)
フレアワゴン H24年6月~(全車) H24年6月~(全車)
プレマシー H17年2月~(一部) H17年2月~(一部)
H19年9月~(一部)
ベリーサ H16年6月~(一部) H16年6月~(一部)
H18年8月~(一部)
H21年5月~(全車) H21年5月~(全車)
ロードスター H17年8月~(一部) H17年8月~(一部)
H20年12月~(全車) H20年12月~(全車)

マツダ以外のメーカー

  • TOYOTA
  • 日産
  • HONDA
  • MAZDA
  • SUZUKI
  • DAIHATSU
  • SUBARU
  • MITSUBISHI MORTORS
  • MITSUOKA
  • ISUZU
  • KOMATSU
  • HINO
  • UD
  • FUSO
  • GLM
  • kawasaki
  • YAMAHA
  • LEXUS
  • Ford
  • CHRYSLER
  • General Mortors
  • CITROEN
  • PEUGEOT プジョー
  • Mercedes Benz
  • DAIMLER
  • Volks Walgen
  • RENAULT
  • ALPHA ROMEO
  • FIAT
  • BMW
  • HYUNDAI
  • JAGUAR
  • PORSCHE
  • PROTON
  • SSANGYONG
  • VOLVO
  • DAF
  • LDV
  • MAN
  • AUDI
  • LAMBORGHINI
  • aprilia
  • DUCATI
  • GILERA
  • MBK
  • MOTO GUZZI
  • ROLLS ROYCE
  • BENTLEY
  • MINI
  • LOTUS
  • Ferrari
  • PIAGGIO
  • KTM
  • MAYBACH
  • W
  • Cadillac
  • Chevrolet
  • Hummer
  • Jeep
  • HARLEY-DAVIDSON

ロードスターでよくご依頼いただく例

作業例イメージ

[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

鍵開けサービスの流れ鍵開けサービスの流れ

  1. 「困った!鍵をなくした!」「しまった!鍵を忘れた!」1.急な鍵トラブルにご対応いたします
  2. 「鍵屋さん助けて!」「お任せ下さい今すぐ行きます!」2.お電話にてお問合せください
  3. 「現場にすぐかけつけます!」3.エリア内スタッフが急行いたします
  4. 「もう大丈夫!OK牧場!」4.スタッフが最速5分で現場に到着いたします
  5. 「すぐに開きます!ご安心下さい!」5.作業時間は最速1分!
  6. 「鍵屋さんありがと~♪」6.作業員に料金をお支払ください

動画はこちら

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する