トヨタのスマートキーを紛失したら?解決方法や車種ごとの特徴をご紹介

[安心と信頼の創業15年][日本全国対応]

鍵開けなら24時間365日、日本全国対応します!0120-3333-99[スマホ・携帯PHS対応!]

通話無料

トヨタのスマートキーを紛失したら?解決方法や車種ごとの特徴をご紹介
  1. ホーム
  2. 中山貴之の防犯コラム
  3. トヨタのスマートキーを紛失したら?解決方法や車種ごとの特徴をご紹介

トヨタのスマートキーを紛失したら

スマートキーの紛失はとても焦りますよね。

業者に頼もうと思っても「メーカーによってできないことはある?」「車種で値段は変わる?」などの疑問が湧いてくると思います。

トヨタのスマートキーを紛失したら

そこで、今回はトヨタの車に絞って、スマートキー紛失の解決方法をご紹介します。

トヨタのスマートキーの特徴から、車種ごとのスマートキーの特徴、ディーラーに依頼する際の流れなど、あなたが安心して解決できるように手順付きでのご紹介です。

目次

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

トヨタのスマートキーの特徴

トヨタのスマートキーの特徴

トヨタのスマートキーでできるのは主に

  • ・ドアの解錠・施錠

  • ・トランクの解錠

  • ・エンジンの始動・停止

です。

ドア・トランクの解錠・施錠

スマートキーがあればいちいち鍵をささなくても、リモコンで操作しなくても解錠・施錠が可能です。

トヨタではこのシステムを「スマートエントリー&スタートシステム」と呼びます。

ドアを解錠する時はドアノブに触れるだけ。施錠する時はドアノブ表面のロックセンサー部分に触れるだけの簡単な操作になっています。

トランクは手をかける部分にボタンがありますので、それを押せば鍵を使わなくても解錠可能です。

車種によってはドアの解錠をしていないとトランクが開かないものもあります。

エンジンの始動・停止

トヨタのスマートキーではエンジン部分に鍵をささなくてもエンジンを始動・停止することができます。

トヨタ車の多くがボタンを押すだけでエンジンが始動・停止するプッシュボタン式です。

一部の車種ではつまみを回してエンジンを操作するツイストノブ式が採用されています。

トヨタの鍵の特徴

トヨタの鍵の特徴

スマートキーは完全に鍵が無いわけではなく、電池切れなどの緊急時に使う「メカニカルキー」が内蔵されています。このメカニカルキーは車種や年式によって違うのです。

メカニカルキーは大きく分けて「ギザギザした鍵」と「ウェーブキー」の2つに分かれます。

ギザギザした鍵は比較的ピッキングされやすいため防犯性が低いです。なので、鍵開けやスペアキー作成時の値段は安くなっています。

ウェーブキーは鍵の表面に波のような刻印が入っているのが特徴です。この形状によりピッキングが不可能になっているため、防犯性が高くなっています。

その分、鍵開けやスペアキー作成が難しく、値段が高くなりやすいです。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

トヨタのスマートキーを紛失したらどうする

トヨタのスマートキーを紛失したらどうする

ここまでトヨタのスマートキーの特徴についてお話ししてきました。

ここからは本題であるトヨタのスマートキーを紛失した時の解決方法についてご紹介したいと思います。

基本的に解決方法は

  • ・ディーラーにスマートキーの作成を依頼する

  • ・鍵屋にスマートキーの作成を依頼する

の2つです。

ディーラーに依頼するとスペアキーが納品されるまで数日から数週間かかることがあります。その分、純正で比較的安価な値段で収まることが多いです。

鍵屋に依頼するとその場で鍵を作ってくれるのでその日の内に解決することができます。遠方で紛失しても車に乗って帰ることができるので安心です。

ここからはディーラーに依頼する流れについてご紹介します。

トヨタのディーラーにスマートキー作成依頼をする流れ

トヨタのディーラーにスマートキー作成依頼をする流れ

流れとしては、お店に行ってスマートキーの作成を依頼するだけです。

お店選びで最も簡単なのが車を購入したディーラーに依頼すること。これなら間違いありません。

「新車を買ったところから遠くに引っ越した」「中古で買った」という場合は近くのお店に依頼することになります。

トヨタでは販売店ごとに取り扱っている車種が違うので、ネッツやカローラなど車種に合った販売店を選ばなくてはいけません。
関東ではトヨタモビリティとして統一されているので大丈夫だと思います。

  

分からないことがあれば、直接お店に連絡してみるのが良いでしょう。

トヨタのディーラーでスマートキーを作成するのに必要なもの

トヨタのディーラーでスマートキーを作成するのに必要なもの

スマートキーを作成する際は車の所有者であることを証明する書類と鍵番号が必要です。

証明書類は車の中に入っている車検証で大丈夫だと思います。

鍵番号はスマートキーを手に入れた時に付いているタグに記載してある番号です。

この2点があればスマートキーの作成がスムーズにいくと思います。

トヨタのスマートキーの鍵番号がない場合

トヨタのスマートキーの鍵番号がない場合

小さなタグですから失くしてしまう方も多いと思います。

鍵番号が無い場合はどうすればよいのでしょうか。

メーカーが車体番号と鍵番号を控えている可能性があるので、ディーラーに聞いてみましょう。

控えていなかった場合、シリンダー部分から鍵番号を読み取る必要があります。

このときに車をディーラーまで持って行かなくてはいけません。鍵が1本もなくて車が動かない場合はレッカーを手配してお店まで運んでもらいましょう。

シリンダー部分を見るという手間がかかりますので追加の工賃が発生し、お値段が少々高くなります。

トヨタのスマートキーを複製にかかる値段

ディーラーでスマートキーを作成する場合、安くて3~4万円かかるとされています。

イモビライザー搭載などの難しい条件が重なると5万円~十数万円かかる可能性もあります。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

トヨタのスマートキー紛失時の車種別の解決方法

プリウスのスマートキーを紛失した場合の対処方法

プリウスのスマートキーを紛失した場合の対処方法

プリウスは1997年に販売が開始された世界初の量産ハイブリッド車です。

電気とガソリンの融合により低燃費走行を実現。静かな走りと最先端の安全技術を搭載した世界でも売れている車です。

 

プリウスのスマートキーを紛失された場合、まずは鍵のレスキューにお電話ください。

お電話いただければすぐに錠前技師がお客様の元へ向かい、スペアキーを複製いたします。

イモビライザー機能が搭載されている車種でもコンピュータチップにIDを再登録することができるので問題ありません。

年代別プリウスのスマートキー

2003年に2代目にモデルチェンジした際にスマートキーが導入されました。この時はスロット部分に鍵を差し込まないとエンジンが始動しない作りでした。

2代目モデルの後期になると、今のようなボタンを押すだけでエンジンが始動するようになります。

2009年に3代目にモデルチェンジした際のスマートキーはヴィッツやアクアと共通のものでした。

2015年に4代目にモデルチェンジして以降はプリウス専用のスマートキーになっています。

クラウンのスマートキーを紛失した場合の対処方法

クラウンのスマートキーを紛失した場合の対処方法

1955年から販売されているトヨタのみならず日本を代表する高級セダンです。

室内の乗り心地や走りやすさからタクシーやパトカーでもよく利用されています。

 

クラウンのスマートキー紛失に関するトラブルも鍵のレスキューまでご連絡ください。

お電話いただければスペアキーの作成からイモビライザーの登録まで一気通貫で行います。

まずはオペレーターまでご相談ください。

年代別クラウンのスマートキー

2003年に12代目モデル S18#型が販売され、スマートキーが導入されました。
この時からクラウンのロゴが入った専用のスマートキーでした。

その後、2008年、2012年、2018年にモデルチェンジをするたびに、スマートキーの形も少しずつ変化していきました。性能的にはあまり差はありません。

アクアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

アクアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

2011年から販売が開始されたハッチバック型のハイブリッド車です。

コンパクトな車体から生み出される機能性と運転のしやすさ、安価にハイブリット車に乗れることが人気を呼び、発売から4年3か月で100万台の販売実績を上げました。

 

もしも、アクアのスマートキーを紛失した場合は0120-3333-99までお電話ください。

鍵のレスキューがあなたの元へ駆け付け、アクアのスペアキーを作成いたします。

アクアは全車にイモビライザーが搭載されていますが、鍵のレスキューならイモビライザーのID書き換え作業なども行えます。

年代別アクアのスマートキー

販売開始が2011年の12月なので、ほとんどの車がスマートキーです。

スマートキーは3代目のプリウスと同じ形になっています。フルモデルチェンジをしていないので、販売当初のスマートキーと変わりません。

パッソのスマートキーを紛失した場合の対処方法

パッソのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ダイハツが開発・生産を行い、トヨタが販売を行っているのがコンパクトカーです。

軽自動車のようにコンパクトでありながら、安全性能や乗車定員、エンジンのパワーは軽自動車以上のものを誇ります。

軽自動車の弱点を突いた強みを持つコンパクトカーです。

 

鍵のレスキューならパッソのスマートキー紛失トラブルも解決いたします。

最短5分でお客様の元へ駆け付け、その場でスペアキーを作成し、エンジンがかかるようにします。

プッシュボタン式のエンジンも鍵のレスキューにお任せください。

年代別パッソのスマートキー

パッソはダイハツが製造を行っているので、トヨタの「スマートエントリー&スタートシステム」ではなく、ダイハツの「キーフリーシステム」採用されています。

そのため、ドアノブに付いているボタンを押して鍵の操作を行います。

2004年にキーフリーシステムが導入され、当時はカード式のスマートキーでした。

2005年11月~2010年2月までは2代目プリウスのスマートキーのような形をしていました。

2010年~2016年4月まではダイハツの「ミライース」のような四角い形をしたスマートキーです。

2016年以降はプッシュ式のエンジンに変わり、スマートキーの形も丸みを帯びた四角い形に変わりました。

ルーミーのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ルーミーのスマートキーを紛失した場合の対処方法

2016年に販売開始されたトールワゴン型のコンパクトカーで、広々とした車内空間を売りとしています。

コンパクトカーでありながらスライド式のドアを採用し、ファミリーでも使いやすいのが特徴です。

 

ルーミーのスマートキーを紛失した場合は、鍵のレスキューに依頼してみてはいかがでしょうか。

ディーラーでは数日かかるスペアキー作成もその場ですぐにお作りいたします。

24時間365日営業していますのでいつでもお気軽にお電話ください。

年代別ルーミーのスマートキー

販売されてからあまり年数が経過していないので、ほぼすべての車がスマートキーになっています。

スマートキーの形は最新モデルのパッソと同じですが、後部座席を開けるリモコン機能が搭載されています。

ランドクルーザープラドのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ランドクルーザープラドのスマートキーを紛失した場合の対処方法

1990年に発売された大型SUVでクロスカントリー系の自動車です。

パワフルな動力性能と路面状況に合わせた走行モードにできる最先端技術を搭載しています。

排出ガスのクリーンかと優れた燃費性能を持っている環境にも優しいディーゼル車です。

 

スマートキーが無くてプラドが動かなくても、鍵のレスキューならエンジンがかかるようにいたします。

他社では断られたイモビライザーの登録作業も鍵のレスキューなら可能です。

まずは通話料無料のフリーダイヤルでご相談ください。

年代別ランドクルーザープラドのスマートキー

2009年のモデルチェンジよりスマートキーが導入されました。シルバーで長方形の形をした汎用的なトヨタのスマートキーです。

2017年以降になると、スマートキーにランドクルーザーの文字が入り、ランドクルーザー専用のスマートキーになりました。

ハリアーのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ハリアーのスマートキーを紛失した場合の対処方法

高級クロスオーバーSUVとして1997年に販売が開始されたハリアー。

大人の感性を刺激する内外装と上質な走りで人気となっている車種です。

「高級サルーン」を目指したハリアーは機能や装備も充実しています。

 

防犯性の高い車の鍵も鍵のレスキューにお任せください。

鍵開けや鍵の複製はもちろん、イモビライザー登録も可能です。

通話料無料のフリーダイヤルまでお気軽にお電話ください。

年代別ハリアーのスマートキー

2013年の3代目モデルからスマートキーになり、エンジンもプッシュ式へと変わりました。

3代目の時は黒色でボタンが3つ付いているスマートキーです。

2020年に4代目へモデルチェンジをし、スマートキーもハリアー専用に変わりました。

ライズのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ライズのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ライズは2019年に販売が開始された小型クロスオーバー車です。

開発はダイハツが行い、「ロッキー」とは兄弟関係にあります。

歩行者との衝突回避や、ペダルの踏み間違い時の急発進抑制など先進の安全性能が搭載されています。

 

比較的新しい車種であるライズのスマートキー紛失トラブルも鍵のレスキューが解決いたします。

お電話でオペレーターにご相談頂ければ、作業員を派遣いたします。

現在地が分からなくても、オペレーターがお調べいたしますので、安心してご依頼ください。

年代別ライズのスマートキー

ライズのスマートキーは角が丸い長方形をしています。

見た目だと、解錠ボタンのみがあるように見えますが、エンブレムを押すと施錠することができます。

他のトヨタのスマートキーとは使い方が異なるので驚く方が多いそうです。

アルファードのスマートキーを紛失した場合の対処方法

アルファードのスマートキーを紛失した場合の対処方法

2002年から販売が開始された大型LLクラスの高級ミニバンです。

内外装は高級感にあふれており、乗り心地や広さ、使いやすさにこだわった作りになっています。

もはやミニバンではなく、高級サルーンといっても過言ではありません。

 

遠方でのドライブ中にスマートキーを紛失した時は鍵のレスキューにお任せください。

24時間365日全国対応の鍵屋がお客様の元へすぐに駆けつけ、スペアキーをお作りいたします。

現在地が分からなくても大丈夫。オペレーターが目印となる建物から現在地をお調べいたします。

年代別アルファードのスマートキー

2005年からスマートドアロックシステムが導入されましたが、今のスマートキーのような形ではありませんでした。

2008年5月のフルモデルチェンジ以降スマートキーとプッシュ式のエンジンが採用されました。
最初はシルバーのスマートキーでしたが、のちにアルファード専用のブラックのスマートキーに変わります。

現在では、近づくだけでドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」機能が付いているスマートキーも登場しました。

ヴェルファイアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ヴェルファイアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

アルファードの2008年のフルモデルチェンジに伴い、アルファードVの後継車種として発売されたのがヴェルファイアです。

アルファードと同様に高級ミニバン路線であり、「厳つくてワルっぽい」感じが特徴で、若者にも支持されています。

 

鍵のレスキューならヴェルファイアのスペアキーも当日その場で作成します。

電話するだけで作業員が駆けつけますので手間は必要ありません。

深夜、早朝。土日祝日問わず、いつでもご依頼お待ちしております。

年代別ヴェルファイアのスマートキー

2008年から2015年までの初代モデルではシルバーとブラックのカラーバリエーションでアルファードと同じような見た目をしていました。

2015年以降になるとブラック1色になり、リモコンの配置も変わりました。

仕様によってヴェルファイアの刻印と「ウェルカムパワースライドドア」機能がついているスマートキーもあります。

ノアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ノアのスマートキーを紛失した場合の対処方法

2001年に販売が開始されたミニバンで、アルファードやヴェルファイアの高級路線とは少し異なり、ファミリー向けになっています。

低燃費かつパワフルな走行と良好な視界で運転がしやすいミニバンです。

 

鍵のレスキューならノアのスマートキー紛失も解決いたします。

最新のAIシステムを使って最短でお客様の元へ作業員を派遣いたします。

他社で断られた内容でも鍵のレスキューにお任せください。まずはお電話でオペレーターにご相談ください。

年代別ノアのスマートキー

2008年に「スマートエントリー&スタートシステム」を搭載したモデルが投下されて以降、スマートキーが搭載されています。

スマートキーの形はアルファードやヴェルファイアとほぼ同じです。ノア専用のスマートキーはまだありません。

シエンタのスマートキーを紛失した場合の対処方法

シエンタのスマートキーを紛失した場合の対処方法

コンパクトな車体だが、3列シートで7人乗りを実現したミニバンであるシエンタ。

2003年に販売が開始され、2019年8月にミニバンとしては初となる月間販売台数1位を記録しました。

車種の由来は、スペイン語で「7」を意味するシエンと、英語で「楽しませる」を意味するエンターテインを組み合わせた造語となっています。

 

シエンタのスマートキー紛失トラブルも鍵のレスキューが解決いたします。

イモビライザーのIDを登録する機械も持っていますので、色々な作業もお任せください。

もちろん、メカニカルキーの複製や鍵開けもできますので、ご依頼お待ちしております。

年代別シエンタのスマートキー

2015年にフルモデルチェンジし、2代目になりました。その時にスマートキーとプッシュ式のが搭載されました。

スマートキーの形はアルファードやノアと同じようになっています。ボタンは3つか4つ付いている物があります。

ハイエースのスマートキーを紛失した場合の対処方法

ハイエースのスマートキーを紛失した場合の対処方法

1967年に販売が開始されたキャブオーバー型の車です。ロケバスや作業車として使われることが多く、海外でも人気を博しています。

「ハイエースワゴン」や「ハイエースバン」、「ハイエースコミューター」などハイエースの中でも複数の種類があります。

 

ハイエースのスペアキーも鍵のレスキューがお作りいたします。
イモビライザーの登録作業も行えますので、そのまま運転して帰ることもできます。

まずはお電話にてオペレーターへご相談ください。

年代別ハイエースのスマートキー

2012年4月から全車にイモビライザーが標準搭載されました。

2013年11月からはオプションでスマートエントリー&スタートシステムがオプションで投入。

2015年の「スーパーGL"DARK PRIME"」の販売以降はスマートキーが標準搭載となりました。

ハイエースのスマートキーは見た目が丸っぽくて特徴的です。

トヨタのスマートキー紛失も鍵のレスキューが解決します

鍵のレスキューは出張専門の鍵屋なので、その場で鍵をお作りします。

イモビライザーにも対応しているので、すぐに車を運転することができます。まずはお電話でご相談ください。

鍵のレスキュー

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

目次に戻る

[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する

鍵のトラブルに関する 最新ブログ

[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

鍵開けサービスの流れ鍵開けサービスの流れ

  1. 「困った!鍵をなくした!」「しまった!鍵を忘れた!」1.急な鍵トラブルにご対応いたします
  2. 「鍵屋さん助けて!」「お任せ下さい今すぐ行きます!」2.お電話にてお問合せください
  3. 「現場にすぐかけつけます!」3.エリア内スタッフが急行いたします
  4. 「もう大丈夫!OK牧場!」4.スタッフが最速5分で現場に到着いたします
  5. 「すぐに開きます!ご安心下さい!」5.作業時間は最速1分!
  6. 「鍵屋さんありがと~♪」6.作業員に料金をお支払ください

動画はこちら

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する