車の鍵を紛失したら?費用の抑え方やその場で鍵を作る方法をご紹介

[安心と信頼の創業15年][日本全国対応]

鍵開けなら24時間365日、日本全国対応します!0120-3333-99[スマホ・携帯PHS対応!]

通話無料

車の鍵を紛失したら?費用の抑え方やその場で鍵を作る方法をご紹介
  1. ホーム
  2. 中山貴之の防犯コラム
  3. 車の鍵を紛失したら?

車の鍵を紛失した時の対処法

車の鍵を紛失した時の対処法

車の鍵の紛失はとても困りますよね。近くのスーパーならまだしも、遠方の旅行先などでなくしてしまったら最悪です。

今回は、車の鍵を紛失してしまった時の対処法をご紹介します。
紛失した時にまずやるべき行動から、その場で鍵を手に入れる方法、費用を抑える方法までご紹介しますので、参考になれば幸いです。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

車の鍵を紛失した時にまずやるべき行動

車の鍵を紛失したと思った時に、まずやるべき行動があります。
もしかしたら、この段階で車の鍵が見つかるかもしれません。

車の中に鍵がないか確認する

車の中に鍵がないか確認する

よくあるのが、車の中に鍵を閉じ込めてしまう、いわゆる「インロック」です。
鍵を持って降りた気でいたけれど、実際は鍵を持っていなかったということが多々あります。

いつも車の鍵を置いている場所に鍵がないか探してみてください。

鍵が車の中にあるけれど、鍵を開けることができない方は、鍵を解錠してもらう必要があります。
詳しくはこちらのコラムを参考にしてください。

身の回りに車の鍵がないか探す

身の回りに車の鍵がないか探す

車の中に鍵が無かった時は、自分の身の回りに車の鍵がないか探します。カバンやポケットを触った時に鍵を落としているかもしれません。

カバンの奥底や車の下などに鍵がないか入念に探しましょう。

来た道を戻って車の鍵を探す

来た道を戻って車の鍵を探す

車へ向かっている最中に鍵を落としてしまうこともあります。なので、これまで通った道を戻って鍵を探しましょう。

走っている時にカバンやポケットから鍵が落ちたり、どこかに鍵を置いておいたままにしてしまったりしている可能性もあります。

行ける範囲までで良いので、鍵が落ちていないか探してください。

車の鍵を落としたと思われるところに電話する

車の鍵を落としたと思われるところに電話する

商業施設や飲食店など、立ち寄ったお店で鍵を落としているかもしれません。
実際に、財布とキーケースを一緒に出して、キーケースだけ置いて行ってしまうというケースを何度か目撃したことがあります。

立ち寄ったと思われるお店に連絡をして、落とし物として届いていないか確認しましょう。
車の鍵を落としたと考えられるお店すべてに連絡をすると見つかりやすいです。

警察署や交番に連絡する

警察署や交番に連絡する

道などで車の鍵を落としてしまった場合、親切な人が交番まで届けてくれている可能性があります。
落としたと思われる場所の近くの交番や警察署に、車の鍵が届いていないか確認しましょう。

時間がなければ、鍵が届いていないかだけ確認して、後で遺失届を提出しても大丈夫です。

車のスペアキーを取りに行けるか

いくら探しても車の鍵が見つからない時、解決できるかどうかはスペアキーを取りに行けるかどうかにかかっています。

車のスペアキーを取りに行ける場合

車のスペアキーを取りに行ける場合

自宅の近くや家族がスペアキーを届けてくれるなど、スペアキーを手に入れることができれば、車を運転して帰宅することができます。特に業者を呼ばなくても大丈夫です。

後日鍵が見つかったり、スペアキーを作成したりすれば、以前と変わらずに車を使用できます。

なお、失くした鍵が見つからない場合、盗難などの恐れがあるので、鍵交換などの対策を講じてください。

車のスペアキーを取りに行けない場合

車のスペアキーを取りに行けない場合

スペアキーがなかったり、遠方でスペアキーを用意できなかったりする場合は、業者を呼んで鍵を作成してもらわなくてはいけません。

その場で鍵を作成してすぐに運転できるようにするのか、別の場所に移動して後日鍵を手に入れるのかによって依頼する業者や費用が異なります。

その場で車の鍵を作成して車を動かす方法

その場で鍵を作成するには、鍵を作成する道具を持って出張してくれる業者でなくてはいけません。
それができるのは基本的に鍵屋くらいです。

鍵屋に車の鍵作成を依頼する

鍵屋に車の鍵作成を依頼する

鍵屋なら車の鍵穴から鍵を作成できるので、手元に鍵が無い状態からでも対応可能です。

鍵だけではなく、イモビライザーにも対応しているので、ドアだけでなくエンジンも操作することができます。

鍵の作成は1~2時間ほどで終了するので、その日の内に車を運転したい方は鍵屋に依頼しましょう。

鍵屋に車の鍵作成を依頼する時に伝えること

鍵屋によっては外国車や高級車などに対応していない可能性があります。
そのため、鍵屋に連絡する際に必要事項を伝えましょう。

  • ・車種→トヨタのヤリス

  • ・年式→令和2年2月(初度登録年月)

  • ・グレード→HYBRID Z 1.5L·E-Four

  • ・場所→東京都品川区〇〇

  • ・トラブル→鍵を作成してほしい

車の特徴を伝えることで対応できるかどうかや費用などが分かります。分かる範囲で良いので、鍵屋に電話する際に伝えておきましょう。

鍵屋に車の鍵作成を依頼する時の注意点

鍵屋に車の鍵作成を依頼する時の注意点

鍵屋によってイモビライザーに対応していないことがあります。仮に対応していたとしても、外国車には対応していないなどの問題があるかもしれません。

イモビライザーに対応していないと、エンジンをかけることができないので、車を運転できないです。

鍵屋に依頼する前に、イモビライザーに対応しているかどうか、自分の車の鍵が作成できるかどうか確認した上で依頼をしましょう。

鍵屋に車の鍵作成を依頼する時に必要なもの

鍵屋に車の鍵作成を依頼する時に必要なもの

鍵屋に車の鍵作成を依頼する際に必要となるものは、運転免許証などの身分証と車検証です。

社用車など、所有者と依頼者が一致しない場合でも、関係が証明できるものがあれば鍵を作成することができます。

車検証は車の中にあると思うので、提示できない場合は、事前に鍵屋と相談しておきましょう。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

別の場所で車の鍵を作成する方法

車を今あるところとは別の場所へ移動して、車の鍵を作成する方法があります。

  • ・ディーラー

  • ・自動車保険の付帯サービス

  • ・自動車整備工場

がそれらに該当します。

ディーラーに車の鍵作成を依頼する

ディーラーに車の鍵作成を依頼する

トヨタや日産など、車を販売しているディーラーに鍵作成の依頼をする方法です。メーカー純正の鍵が比較的安価に手に入るというメリットがあります。

デメリットは、ディーラーまで車を運ばなければいけない、鍵ができるまで1~2週間かかるということです。イモビライザー登録を行うには、車が必要になるのでディーラーまで運ぶ必要があります。

すぐに車を運転しなければいけない方や、遠方で車のレッカーが大変な方には向いていません。
1~2週間車を運転しなくても良い方にはおすすめの方法です。

詳しい流れやレッカーの有無などはディーラーまでご相談ください。

ディーラーに車の鍵を作成してもらう時に必要なもの

ディーラーに車の鍵を作成してもらう時に必要なもの

ディーラーに鍵作製の依頼をする時に必要なものは、運転免許証と車検証、鍵番号の3点です。

鍵番号は鍵をもらった時に付いてくるプレートに記載してあります。鍵番号が分かれば、それを元に鍵を作成するので作業がスムーズです。

鍵番号がわからない場合は、車を一度分解して鍵番号を確認する必要があるので、工賃が増え、費用もかさみます。

自動車保険の付帯サービスを利用する

自動車保険の付帯サービスを利用する

一部の自動車保険のロードサービスを利用して鍵を作成することができます。ただし、鍵の作成を行ってくれるのはごくわずかです。

また、特殊な鍵やイモビライザー登録が必要な場合、その場での作成ではなく、提携している自動車整備工場へレッカーすることになります。

あなたの加入している自動車保険は鍵の作成を行ってくれるのか確認した上で連絡をしましょう。

自動車整備工場に車の鍵作成を依頼する

自動車整備工場に車の鍵作成を依頼する

一部の自動車整備工場でも車の鍵作成を行っています。イモビライザー対応しているので、車の運転も可能です。

ほとんどが車を持ち込んで鍵を作成することになるので、レッカーが必要になるでしょう。

また、鍵の在庫や営業時間によってすぐに対応できるかどうかが変わります。依頼する前に、在庫の状況やレッカーの有無などを聞いておくと安心です。

車の鍵を作成する時の注意点

車の鍵を作成する時に注意することが2点あります。業者選びや費用面で大切になりますので、ぜひ覚えておいてください。

イモビライザーに注意する

イモビライザーに注意する

車の盗難防止機能としてイモビライザーが搭載されています。車と鍵のIDが一致しなければエンジンがかからないという仕組みです。
そのため、単に鍵を作成しただけではエンジンがかからず、車は動きません。

先ほども述べたように、イモビライザーに対応している業者に依頼しなければ、車の鍵紛失を解決することは不可能です。

あなたの車がイモビライザー搭載かどうか確認したり、依頼する業者に聞いたりしてから依頼をしましょう。

イモビライザーのチェックはこちらからできます。

ロードサービスだと鍵の作成はできない

ロードサービスだと鍵の作成はできない

「JAFなどのロードサービスを利用すれば、鍵紛失も解決できる」ということはありません。鍵を紛失した際にロードサービスでできるのは、鍵の開錠とレッカーです。

JAFでも「可能な限り鍵屋の電話番号を紹介する」という旨の記載がしてあります。

その場で鍵を作成したいのなら鍵屋、レッカーが必要な場合はロードサービスと使用用途を分けた方が良いです。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

車の鍵を紛失した時に作成する費用

車の鍵を紛失した時にかかる費用はいくらなのか気になりますよね。
鍵の種類によって費用は異なりますので、あなたの車の鍵に適応したものを参考にしてください。

今回は鍵屋に依頼した時の費用を紹介します。

ギザギザの鍵

ギザギザの鍵

鍵の左右にギザギザした山がある鍵です。昔の車や軽自動車でよく見られます。こちらの鍵を作成する場合、安くて15,000円~が相場です。

年式やメーカーによって、鍵を作成する難易度が異なります。そのため、費用も15,000円以上かかるケースもあるので注意が必要です。

ウェーブキー

ウェーブキー

鍵の表面に波のような溝が掘ってある鍵です。最近の車種や外国車などで多く見られます。こちらは安くて30,000円~が相場です。

こちらも年式などによって鍵作製の難易度が異なるので、30,000円以上の費用になることも多々あります。

イモビライザーキー

イモビライザーキー

イモビライザーが付きの車の鍵作製は技術や道具が必要なため、普通の鍵作製よりも費用がかかります。相場としては、安くて40,000円~です。

ウェーブキーでイモビライザー付きの場合や、防犯性の高い外国車などになるとさらに費用が高くなる可能性があります。

スマートキー

スマートキー

スマートキーを紛失した場合、イモビライザー付きの鍵を作成すれば車を動かすことができます。そのため、イモビライザーキーと同じ安くて40,000円~が相場です。

しかし、スマートキーを作成しなければいけない場合、スマートキー本体が高価なため、+2~3万円以上かかることもあります。

車の鍵を作成した後の行動

車の鍵を作成して終了ではなく、そのあとに行うことがあります。防犯の問題などがあるので、心配な方はぜひ行ってください。

警察に遺失届を提出する

警察に遺失届を提出する

車の鍵という大切なものを失くしてしまったので、警察に遺失届を提出しましょう。インターネットから遺失届を提出できるところもあるので、忙しい方はそちらを利用してみてください。

鍵がみつかれば、スペアがもう一本増えたということになりますし、盗まれていないという安心感も得られます。

心配なら鍵交換を行う

心配なら鍵交換を行う

車の鍵に住所が記載してあったり、ナンバーが記載してあったりすると、盗難や車上荒らしに遭う危険性があります。
心配な方は鍵のユニットごと交換したり、イモビライザーを書き換えたりしましょう。

鍵交換はディーラーや自動車整備工場でできますので、どれくらいの費用になるのか見積もりをもらうと良いです。

車の鍵を紛失しないための方法

今後、車の鍵を紛失しないためにも対策を講じる必要があります。
紛失した時に困らない方法と、鍵を素早く見つける方法を紹介しますので、あなたに合った方をやってみてください。

スペアキーを別で持ち歩く

スペアキーを別で持ち歩く

スペアキーがあれば鍵を作成しなくても車を運転することができます。

なので、常にスペアキーを持ち歩くなどしましょう。例えば、財布の中にしまっておく、いつも使うカバンに入れておくなどすれば鍵を失くした時でも安心です。

危険ではありますが、電池を抜いた状態の鍵を車の中にしまっておく方法もあります。鍵を開けてもらうだけで車を運転できますが、車上荒らしに遭うと車を盗難される危険性もあるので注意が必要です。

車の鍵にスマートタグを取り付ける

車の鍵にスマートタグを取り付ける

スマートタグという、GPS機能を搭載したキーホルダーがあります。これを車の鍵に付けることで、鍵を紛失したときに鍵のある場所を確認することが可能です。

スマートタグはそれほど高価ではありませんし、スマホアプリで位置情報を確認できます。使用する際は、電池切れだけ注意してください。

車の鍵を紛失してお困りなら鍵のレスキューまで

鍵を紛失してその場で鍵を作りたい方は鍵のレスキューまでお電話ください。

鍵の作成はもちろん、イモビライザーにも対応しています。国産車はもちろん、外国車の鍵作製やイモビライザー登録もできます。

24時間365日営業していますので、お気軽にご連絡ください。

鍵のレスキューの到着時間や料金の確認はこちら

ここをタッチして今すぐ電話する

目次に戻る

[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する

鍵のトラブルに関する 最新ブログ

[創業15年][錠前技師1,500人][年間工事実績100万件以上]24時間365日、日本全国どこでも出張! 0120-3333-99 スマホ・携帯・PHSからもOK!お気軽にお電話ください。「私たちオペレーターが“親切丁寧”にご対応いたします」

鍵開けサービスの流れ鍵開けサービスの流れ

  1. 「困った!鍵をなくした!」「しまった!鍵を忘れた!」1.急な鍵トラブルにご対応いたします
  2. 「鍵屋さん助けて!」「お任せ下さい今すぐ行きます!」2.お電話にてお問合せください
  3. 「現場にすぐかけつけます!」3.エリア内スタッフが急行いたします
  4. 「もう大丈夫!OK牧場!」4.スタッフが最速5分で現場に到着いたします
  5. 「すぐに開きます!ご安心下さい!」5.作業時間は最速1分!
  6. 「鍵屋さんありがと~♪」6.作業員に料金をお支払ください

動画はこちら

「助けて鍵屋さん~!」鍵のトラブル、お電話1本で今すぐ行きます!24時間365日対応!日本全国対応!0120-3333-99

ここをタッチして今すぐ電話する